暖炉のあるナーシングホームあおいそら

暖炉のあるナーシング

吉野川市鴨島に徳島県で唯一のがんや難病をかかえる

方々の居場所があります。

リビングに暖炉を配しているのは日本でも唯一ではないかなと思います。

院長先生が、せっせと薪をくべておられるそうです。

年齢や背景は関係なくスタッフと療養者の垣根もありません。

ここでは皆尊重し合い、差別も分け隔てもありません。

今年は寒さが長く続きます。

暖炉の温かさが、体に沁みましす。火の色が気持ちをほぐしていきます。

心と体がほぐされる場所、緩和ケアは空間というディスプレイもまた、大切な要素です。

 

スポンサーサイト

コメント